m3.com トップ>医療維新>医師調査|今どきU35...>若手医師が考える偏在対策への答え◆Vol.6

若手医師が考える偏在対策への答え◆Vol.6

一定の強制力は必要

2019年1月20日 大西裕康(m3.com編集部)


地域ごと、診療科ごとの医師偏在解消の必要性が叫ばれて久しいが、いまだに解決に向けた決定打は見つからない状況だ。「今どきU35ドクター調査2018」の結果では、35歳以下の若手医師の多くが偏在解消に「一定の強制力」が必要と考えているようだ。2013年と2016年に実施した調査の結果との比較も紹介する。Q、診療科や地域による医師偏在を解消するため、厚生労働省や都道府県などの行政、公的機関が「一定の強制力」を発揮する必要性について、どうお考えですか。最多の回答は「ある程度必要」(48.5%)、で「必要...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事