m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>医療の“司令塔”、霞が関は改革の連続【平成の医療史30年◆厚労行政編】

医療の“司令塔”、霞が関は改革の連続【平成の医療史30年◆厚労行政編】

厚労省主導から官邸の意向反映する時代に

2019年1月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


医療法改正8回、診療報酬改定17回、うち消費税増税に伴う改定2回――。厚労行政の30年間は、制度改正が相次いだ時代だ。特にここ数年、その改革のスピードが以前にも増して速まっている。医療提供体制の在り方を大きく左右するのが、医療法と診療報酬。30年間にこれだけの改正、改定を繰り返し、今に至っている。医療法改正は、2010年(平成22年)以前は、10年に2回の頻度だったが、ここ10年で計4回に上った(2019年施行分も含む)。医療提供体制の変化を最も象徴する指標の一つが、一般病床の平均在院日数。19...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事