m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>医療の「機能分化」「標準化」進んだ30年【平成の医療史30年◆厚労行政編】

医療の「機能分化」「標準化」進んだ30年【平成の医療史30年◆厚労行政編】

診療報酬改定と医療法改正の両輪で - 鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.1

2019年1月12日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


医療は規制が強い分野。その舵取りをするのは、言うまでもなく厚生労働省だ。医療、それを支える医療行政が複雑、高度化する中、2017年7月に事務次官級のポストとして新設されたのが医務技監、その初代に就任したのが鈴木康裕氏だ(『医療行政が直面する「三つの境」越える-鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.1』を参照)。鈴木氏に、平成時代の医療や医療行政の「過去」と「現在」、そして「将来」、エピソードを交えながら語っていただいた(2018年12月20日にインタビュー。全3回連載)鈴木康裕氏――日本の医療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事