m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>中医協、「非公開」で改定率決定の時代も【平成の医療史30年◆厚労行政編】

中医協、「非公開」で改定率決定の時代も【平成の医療史30年◆厚労行政編】

公開・エビデンスベース、先を見通す手法に変化 - 鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.2

2019年1月16日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――鈴木技監は1984年の入省です。平成時代の医療行政を担当してきたわけですが、平成の30年間も含めて、厚労行政に携わってきた立場として、行政の進め方、施策の立案の仕方などは変わってきたのでしょうか。この時期(インタビューは12月に実施)になると思い出すのは、毎年の予算案の作成。12月下旬の閣議決定に向けて省内全体が「予算モード」になり、課長折衝、審議官折衝、局長折衝、次官折衝、大臣折衝と続くので、「どこで、どのカードを切るか」などと日々、省内で議論していました。今はそのプロセスはほとんどなくな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事