m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>「最大の危機」は2025年から10年間【平成の医療史30年◆厚労行政編】

「最大の危機」は2025年から10年間【平成の医療史30年◆厚労行政編】

医療機関再編、医師働き方改革が引き金に- 鈴木康裕・厚労省医務技監に聞く◆Vol.3

2019年1月19日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――データヘルス改革が進めば、研究開発だけでなく、日常診療の適正化、診療報酬をはじめ政策決定の際のエビデンスなどにも使うことが可能。そうなると、医師の役割、仕事の内容が相当変わってくる可能性があるのでしょうか。すごく変わると思います。AI(人工知能)の影響も大きく、医師の働き方、役割も相当変わってくると思います。例えば受付で、タブレット端末で症状を入れる。検査値もデジタルに送付される。その結果、考えられる診断が提示されれば、医師が常に最新、かつ膨大な知識を覚える必要性もなくなってくるでしょう。そ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事