m3.com トップ>医療維新>レポート>厚労省「AIは支援ツールにすぎず、判断の責任は医師」

厚労省「AIは支援ツールにすぎず、判断の責任は医師」

研究進む医療AIの9割以上は診断仮説形成支援

2019年1月17日 長倉克枝(m3.com編集部)


厚生労働省は1月16日、「保健医療分野AI開発加速コンソーシアム」(座長:北野宏明・ソニーコンピュータサイエンス研究所社長・所長)第4回会議を開催し、医師がAI(人工知能)を活用して診療を行うことについて、AIは診療プロセスの中で診断仮説形成支援や治療戦略立案支援などの効率を上げて情報を提示する支援ツールにすぎず、判断の主体は医師であるとの認識を確認した(資料は、厚労省のホームページ)。16日に開催された同会議厚労省は2018年12月19日に課長通知を発出し、AIを用いた診断、治療等の支援を行う...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

看護職員の届出制度浸透せず、看護需給分科会 2019/4/26

行政の10連休危機意識、約半数「高い」と評価 2019/4/26

「医師少数区域の支援」全地域医療支援病院の責務、厚労省提案 2019/4/25

「医師で研究者」の働き方早急な議論を、国立大学病院長会議 2019/4/25

オンライン診療で緊急避妊薬「産婦人科医以外も研修受講で可能」で議論 2019/4/24

財政審、増加医療費の半分「政策的に対応可能」 2019/4/24

「卒前・卒後シームレスな医師養成が進展」、厚労省 2019/4/21

自治体病院、10連休の開院は2日間が最多 2019/4/19

がん遺伝子情報、集約化に向け法整備を、日医 2019/4/17

診断・治療支援AI、薬機法改正で機能アップデート容易に 2019/4/17

医師の働き方改革、四病協「慌てて動かない」 2019/4/17

産婦人科と他科の情報共有不十分、日産婦・中井氏「深刻」 2019/4/17

全国知事会の「健康立国宣言」、573の活動を実施・予定 2019/4/12

オンライン診療、保険適用後の実施過半数は自由診療 2019/4/11

2次救急病院の5割、大学の医師引き揚げ懸念 2019/4/11

日医会長、新紙幣に初代会長北里選定「大変喜ばしい」 2019/4/11

「医師の生産性、2040年までに7%以上改善」医療・福祉サービス改革プラン 2019/4/10

子宮頸がんワクチン記事の名誉毀損裁判、村中氏が控訴 2019/4/10

ACPの診療報酬点数化「これから」 2019/4/8

日本医学会、子宮移植の倫理に関する検討を開始 2019/4/8