m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>医師の7割、児童・生徒への投球制限に賛成

医師の7割、児童・生徒への投球制限に賛成

指導者、親「医者としてアドバイスしても聞く耳を持たない」

2019年2月3日 高橋直純(m3.com編集部)


全日本軟式野球連盟は1月、小学生の学童野球で投手の投球数を1日70球までとする球数制限を今年から導入する意向を明らかにした(『小学生も球数制限導入へ学童野球、1日70球まで』を参照)。高校野球でも新潟高野連が春季県大会での球数制限の導入を決めており、成長期の児童、生徒への故障を防ぐ取り組みが広がりつつ。m3.comの医師会員では7割強が投球制限を導入すべきと回答した。Q小学生の野球、投手の球数制限を導入すべき?※開業医327人、勤務医1207人、その他(歯科医師、看護師、薬剤師、その他医療従事者...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事

m3.com意識調査に関する記事(一覧

医師の7割、児童・生徒への投球制限に賛成 2019/2/3

時間外上限「2000時間」、医師の半数が「長すぎる」 2019/1/27

「月に何度も36時間連続勤務」「厳しい規制必要」 2018/12/30

勤務医の2割強、連続勤務制限も休息取得も「不可能」 2018/12/29

インフル「処方しないのは医の倫理反する」「大半は不要」 2018/12/24

医師がインフル罹患「近医で受診」「診断もしない」 2018/12/23

風邪の患者に8割の医師がインフル迅速診断キット 2018/12/22

ACP愛称「人生会議」、普及に懐疑的 2018/12/16

医学部入試の同窓子弟枠、賛否が拮抗 2018/11/30

電子カルテ規格統一化に「賛成」、開業医の36.3%、勤務医の52.7% 2018/11/24

医師として「3浪以上は不利」「差はない」3割拮抗 2018/11/10

臓器別講座の弊害「専門外を診られない」「一臓器で臨床は成立せず」 2018/11/10

ナンバー制講座の弊害「無理な競争意識」「理由もなく仲が悪い」 2018/11/5

臓器別講座の弊害、年齢上がるごとに実感 2018/11/4

不要不急の患者、一番困るのは「夜間」 2018/10/21

医療者、7割がサマータイムに「反対」 2018/9/30

「遺伝子パネル検査」、医師の認知度いまだ低く 2018/9/24

「産科から足を洗いました」-「大野病院事件」の無罪判決から10年◆Vol.3 2018/9/10

近代医療史最悪の事件-「大野病院事件」の無罪判決から10年◆Vol.2 2018/9/9

勤務医16.7%、2017年度分の不払い時間外手当の遡及 2018/9/9