m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>「ワクチン暗黒の時代」から「ワクチン・ギャップ」の解消へ【平成の医療史30年◆予防接種行政編】

「ワクチン暗黒の時代」から「ワクチン・ギャップ」の解消へ【平成の医療史30年◆予防接種行政編】

社会防衛から個人防衛を考慮する方向が定着

2019年1月23日 長倉克枝(m3.com編集部)


1994年(平成6年)の予防接種法改正により、予防接種行政はそれまでの社会防衛から個人防衛を考慮する方向へと大きく舵を切った。その背景には、昭和の終盤から相次いだ予防接種禍訴訟による国民からの信頼の失墜がある。平成の予防接種行政は、「ワクチン暗黒の時代」を経て、国民の信頼を回復し、欧米から20年遅れと言われた「ワクチン・ギャップ」を解消、国民誰もが安心して受けられる予防接種体制を再構築していく30年間だったと言える。一方で、2013年(平成25年)4月に定期接種化されたHPVワクチンを巡って副反...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事