m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>プライマリ・ケアの歴史とともに歩んだ半生◆Vol.1

プライマリ・ケアの歴史とともに歩んだ半生◆Vol.1

2019年2月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


プライマリ・ケアに関連する3学会が合併して2010年4月に日本プライマリ・ケア連合学会が誕生、その初代理事長を務めたのが、北海道大学名誉教授の前沢政次氏(京極町国民健康保険診療所「ひまわりクリニックきょうごく」所長)だ。宮城県涌谷町、そして今は北海道京極町で自らも地域医療に携わり、自治医科大学では地域医療学講座、北海道大学では総合診療部の立ち上げにそれぞれ従事、医学生や研修医の教育に力を入れてきた。立場や場所を変えつつも、40年近くにわたり、プライマリ・ケアに関わってきた前沢氏。新専門医制度がス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事