m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>医師志す、「一人の友人」と「二冊の書」がきっかけ◆Vol.3

医師志す、「一人の友人」と「二冊の書」がきっかけ◆Vol.3

2019年2月3日 橋本佳子(m3.com編集長)


――高校生になり、勉学に打ち込むようになった日々。医師を目指すきっかけを語ってもらった。エンジニアだった父の影響もあり、最初は工学部を考えていたのですが、高校2年の半ばぐらいから、医師を目指すようになりました。きっかけの一つが、高校1年の時のクラスメートのK君の存在。彼は1年の夏に、副鼻腔炎の手術をしたのですが、うまくいかず、ぐずぐずとした症状が続き、ノイローゼに近い状況になってしまった。2年に進級する時のクラス替えで、別のクラスになってしまったのですが、ある時、彼が近寄ってきて、こう言ったので...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事