m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>大学紛争とは距離、臨床実習で貴重な経験も◆Vol.5

大学紛争とは距離、臨床実習で貴重な経験も◆Vol.5

2019年2月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1960年代後半と言えば、大学紛争が全国的に巻き起こっていた時期。1965年の入学から最初の2年間は、教養講義が中心。病理の先生で北村教授という、関西なまりが強いちょっと変わった先生がいました。入学後まもなく医学概論を担当されましたが、その内容は、病理ではなく、いかに教養を身に付けるかが主。「古典を読め」と。先生の言う古典は、二つ。なぜか先生はマルクス経済学が得意で、一つはマルクスの『資本論』。「一冊の本でいいので、隅から隅まで丁寧に読めば、人間が変わる」。そんなことを説かれていました。もう...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

私の医歴書◆前沢政次・初代日本プライマリ・ケア連合学会理事長に関する記事(一覧

涌谷町を離れ、北大の総合診療部教授に就任◆Vol.19 2019/2/19

全国から年2000人が視察に訪れる“メッカ”に◆Vol.18 2019/2/18

目指せ御調町!目指せ「御三家」!◆Vol.17 2019/2/17

大学の教授ポスト選ばず、涌谷町へ◆Vol.16 2019/2/16

旧厚生省「家庭医構想」、頓挫という逆風◆Vol.15 2019/2/15

「検査・治療の偏重、cureのみが先走る」◆Vol.14 2019/2/14

「地域医療学講座をやってくれないか」、中尾学長の突然の依頼◆Vol.13 2019/2/13

「来月から大分に行ってくれ」高久教授の一言◆Vol.12 2019/2/12

「女性には告知をするな」、痛恨の失敗に◆Vol.11 2019/2/11

「高久先生という、すごく面倒見のいい先生がいる」◆Vol.10 2019/2/10

SLEの女子高生、印象に残る新聞投稿◆Vol.9 2019/2/9

国試の前日、「政次、今、おやじ亡くなったぞ」◆Vol.8 2019/2/8

『病む心とからだ』、日野原先生のもとで臨床実習◆Vol.7 2019/2/7

『愛なくば―少女と医師の苦闘の記録』◆Vol.6 2019/2/6

大学紛争とは距離、臨床実習で貴重な経験も◆Vol.5 2019/2/5

医学部入学、「6畳で3人」の寮生活でスタート◆Vol.4 2019/2/4

医師志す、「一人の友人」と「二冊の書」がきっかけ◆Vol.3 2019/2/3

一生を変えた、「赤鬼先生」との出会い◆Vol.2 2019/2/2

プライマリ・ケアの歴史とともに歩んだ半生◆Vol.1 2019/2/1