m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>『愛なくば―少女と医師の苦闘の記録』◆Vol.6

『愛なくば―少女と医師の苦闘の記録』◆Vol.6

2019年2月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


――卒後の進路を考えるきっかけとなったのは、医学生時代に出会った本だった。大学紛争で授業がなく、本ばかりを読んでいた頃に出会った一冊が、『愛なくば―少女と医師の苦闘の記録』。著者は、九州大学で当時、精神身体医学研究施設(現在の心療内科)教授だった池見酉次郎先生です。池見先生は、日本の心療内科の基礎を築いた草分け的な存在。一般向けの新書ですが、本当に感動して、私の愛読書となりました。登場するのは、足が動かなくなった少女。原因が分からず、池見先生のもとを受診するのですが、それでも原因が分からない。一...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事