m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>「高久先生という、すごく面倒見のいい先生がいる」◆Vol.10

「高久先生という、すごく面倒見のいい先生がいる」◆Vol.10

2019年2月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


――卒後3年目、血液内科への道を考えていた頃、出会ったのが、東大小児科助教授だった鴨下重彦先生。鴨下先生は、真面目で本当に素晴らしい先生。友人を含め周囲から、「鴨下先生について行った方がいい」と勧められました。それまでは内科を中心に勉強しており、小児科に変更するのは――と躊躇していたところ、鴨下先生から、「内科で何をやりたいの?」と聞かれ、「血液疾患とか膠原病に興味がある」と答えたら、こんな返事が返ってきました。「学長の中尾(喜久)先生の直弟子で、高久(史麿)先生という、すごく面倒見のいい先生に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事