m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>『病む心とからだ』、日野原先生のもとで臨床実習◆Vol.7

『病む心とからだ』、日野原先生のもとで臨床実習◆Vol.7

2019年2月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


――日野原先生の『病む心とからだ』に感動し、医学生時代、聖路加国際病院に臨床実習のために3回通った。当時は上越新幹線はまだなく、新潟から朝一番の特急に乗っても、朝9時に聖路加国際病院に到着することはできません。夜行列車に乗って、朝5時頃に上野駅に到着。西郷隆盛の銅像の辺りで一寝入りして、病院に向かいました。日野原先生の医長室の部屋を訪れると、すぐに二人の先生を紹介してくださいました。一人は、循環器が専門の五十嵐正男先生。新潟大学出身で、開業された後も本を出されていたすごく頭が切れる先生です。もう...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事