m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>「女性には告知をするな」、痛恨の失敗に◆Vol.11

「女性には告知をするな」、痛恨の失敗に◆Vol.11

2019年2月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


――血液内科での勤務で、前沢氏が改革を進めたことがある。それは、インフォームド・コンセントの在り方だ。「“時間という注射”を患者さんにしてあげましょう」。日野原先生(聖路加国際病院名誉院長の故日野原重明氏)が、よく使われていた言葉です。今で言うと、寄り添う、患者さんのそばにいるといった意味でしょう。患者さんから質問されて、何も言えなくても、一緒の患者さんと考えたり、共感的な態度でそばにいる時間を大切にすることを日野原先生は伝えたかったのだと思います。医学生時代は心療内科に興味を持ち、けれども身体...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事