m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>「女性には告知をするな」、痛恨の失敗に◆Vol.11

「女性には告知をするな」、痛恨の失敗に◆Vol.11

2019年2月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


――血液内科での勤務で、前沢氏が改革を進めたことがある。それは、インフォームド・コンセントの在り方だ。「“時間という注射”を患者さんにしてあげましょう」。日野原先生(聖路加国際病院名誉院長の故日野原重明氏)が、よく使われていた言葉です。今で言うと、寄り添う、患者さんのそばにいるといった意味でしょう。患者さんから質問されて、何も言えなくても、一緒の患者さんと考えたり、共感的な態度でそばにいる時間を大切にすることを日野原先生は伝えたかったのだと思います。医学生時代は心療内科に興味を持ち、けれども身体...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

私の医歴書◆前沢政次・初代日本プライマリ・ケア連合学会理事長に関する記事(一覧

涌谷町を離れ、北大の総合診療部教授に就任◆Vol.19 2019/2/19

全国から年2000人が視察に訪れる“メッカ”に◆Vol.18 2019/2/18

目指せ御調町!目指せ「御三家」!◆Vol.17 2019/2/17

大学の教授ポスト選ばず、涌谷町へ◆Vol.16 2019/2/16

旧厚生省「家庭医構想」、頓挫という逆風◆Vol.15 2019/2/15

「検査・治療の偏重、cureのみが先走る」◆Vol.14 2019/2/14

「地域医療学講座をやってくれないか」、中尾学長の突然の依頼◆Vol.13 2019/2/13

「来月から大分に行ってくれ」高久教授の一言◆Vol.12 2019/2/12

「女性には告知をするな」、痛恨の失敗に◆Vol.11 2019/2/11

「高久先生という、すごく面倒見のいい先生がいる」◆Vol.10 2019/2/10

SLEの女子高生、印象に残る新聞投稿◆Vol.9 2019/2/9

国試の前日、「政次、今、おやじ亡くなったぞ」◆Vol.8 2019/2/8

『病む心とからだ』、日野原先生のもとで臨床実習◆Vol.7 2019/2/7

『愛なくば―少女と医師の苦闘の記録』◆Vol.6 2019/2/6

大学紛争とは距離、臨床実習で貴重な経験も◆Vol.5 2019/2/5

医学部入学、「6畳で3人」の寮生活でスタート◆Vol.4 2019/2/4

医師志す、「一人の友人」と「二冊の書」がきっかけ◆Vol.3 2019/2/3

一生を変えた、「赤鬼先生」との出会い◆Vol.2 2019/2/2

プライマリ・ケアの歴史とともに歩んだ半生◆Vol.1 2019/2/1