m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>「来月から大分に行ってくれ」高久教授の一言◆Vol.12

「来月から大分に行ってくれ」高久教授の一言◆Vol.12

2019年2月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1980年8月、大分県豊後大野市三重町にあった、大分県立三重病院に赴任することになる。自治医大の第1期卒業生は1978年に誕生。地域の中核となる病院で2年間研修した後、3年目は僻地や離島の医療機関での勤務を始めるのが一般的でした。一期生の一人が、大分県出身の竹田津文俊君。彼は高久先生(当時自治医大教授だった高久史麿氏)を慕っていて、先生も子どものようにかわいがっていた卒業生です。彼は、地元に戻ってまず県立大分病院で2年間研修。その後、以前は結核療養所だった大分県立三重病院に赴任しました。結核...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事