m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>20年超の英国生活、それでも日本に戻る理由

20年超の英国生活、それでも日本に戻る理由

約9割の国民が信頼、英国の「GP」経験を広めたい

2019年2月10日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科・国際診療部総合診療医)


自分の人生を問い直してしまう、問い直さずにはいられなくなる「ミッドライフ・クライシス(中年の危機)」は、約8割の人が経験すると言われている。30代後半から40代、50代にかけて起きることが多いというが、私の場合、それは30代前半に訪れてしまった。振り返ると、私は1993年に12歳で渡英して以来、勉強と仕事に明け暮れる毎日を過ごしていた。英国のパブリック・スクールからノッティンガム大学医学部に進学・卒業し、初期研修、総合診療・家庭医療の専門研修を修了した後、かねてから目指していた総合診療医/家庭医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事