m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>20年超の英国生活、それでも日本に戻る理由

20年超の英国生活、それでも日本に戻る理由

約9割の国民が信頼、英国の「GP」経験を広めたい

2019年2月10日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科医長兼国際室室長代理)


自分の人生を問い直してしまう、問い直さずにはいられなくなる「ミッドライフ・クライシス(中年の危機)」は、約8割の人が経験すると言われている。30代後半から40代、50代にかけて起きることが多いというが、私の場合、それは30代前半に訪れてしまった。振り返ると、私は1993年に12歳で渡英して以来、勉強と仕事に明け暮れる毎日を過ごしていた。英国のパブリック・スクールからノッティンガム大学医学部に進学・卒業し、初期研修、総合診療・家庭医療の専門研修を修了した後、かねてから目指していた総合診療医/家庭医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

佐々江龍一郎の「英国GP、日本に戻る」に関する記事(一覧

あなたの不眠症は本当に不眠症? 2021/4/11

「患者が他院に移ってしまう」は本当か? 2021/4/3

患者からのコロナワクチン相談はどう対処? 2021/2/21

“戦時中”の英国、史上最大のワクチン作戦が始動 2021/1/30

「褒めること」をためらう日本の医療文化 2020/12/20

「地図」より「航海」を~医学教育に携わる方々へ 2020/11/21

「海外医学部卒医師は使えない」から発想の転換必要 2020/10/24

日本の新型コロナ対策は「結果オーライ」? 2020/9/12

「念のため」のCT~「本当に必要ですか?」 2020/8/2

オーストラリア人GPに日本のコロナ対策について聞いてみた 2020/7/4

日本で直面した処方をめぐる「3つの壁」 2020/3/8

あなたの境界型糖尿病患者の予防介入は効果的? 2020/1/19

日本での風邪診療の「カルチャーショック」 2019/12/15

外国人患者は「めんどくさい?」、医療にも自己表現を 2019/11/17

薬のフォーミュラリーで医療の標準化を 2019/10/14

医療は「権利」それとも「贅沢なもの」? 2019/9/15

NICEガイドライン、英国の医療、国民、医療政策にまで浸透 2019/8/12

「医療だけに依存しない英国民、平等から公平な医療へ」 2019/6/22

英国GPが感じる「患者中心の医療」が必要な理由 2019/6/8

「病気ではなく患者を治療しろ」人生に関わる英国GP 2019/3/2