m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>DMAT、大規模災害ごと進化の歴史【平成の医療史30年◆災害医療編】

DMAT、大規模災害ごと進化の歴史【平成の医療史30年◆災害医療編】

「防ぎ得る災害死」との闘い続く

2019年2月17日 水谷悠(m3.com編集部)


1995年(平成7年)阪神・淡路大震災と2011年(平成23年)東日本大震災を筆頭に、平成の30年間は多くの災害に直面した時代として記憶される。発生直後の急性期から、避難生活を送る被災者らへの慢性期まで、その都度困難に直面しながら、DMAT(災害派遣医療チーム)の発足やEMIS(広域災害救急医療情報システム)の整備など、災害医療体制も進化を遂げてきた。その歴史を概観するとともに、DMAT発足に深く関わった東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科救急災害医学分野教授の大友康裕氏のインタビューをお届け...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

平成の医療史30年に関する記事(一覧

「保健医療2035」、塩崎元厚労相の一本の電話から【平成の医療史◆特別編】 2019/5/21

Lancet日本特集号を監修、教室発展の契機に【平成の医療史◆特別編】 2019/5/18

東大教授に就任、「大変な選択肢選べ」が後押し【平成の医療史◆特別編】 2019/5/15

WHO事務局長選挙のあおり、不遇の時代も【平成の医療史◆特別編】 2019/5/12

ハーバード大留学、一時は帰国もWHOへ【平成の医療史◆特別編】 2019/5/9

医局所属せずキャリア拓く、恩師との出会い【平成の医療史◆特別編】 2019/5/6

東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジ【平成の医療史◆特別編】 2019/5/3

新興感染症対策の基礎は「日常的な上気道炎」の診療【平成の医療史30年◆新型インフル編】 2019/4/29

「致死率0.4%」の衝撃と水際対策で手にした「2週間」【平成の医療史30年◆新型インフル編... 2019/4/26

新型インフルの初期対応は「大型連休に助けられた」【平成の医療史30年◆新型インフル編】 2019/4/24

「研究人材養成とデータガバナンス」が今後の課題【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/20

IRUD(未診断疾患イニシアチブ)で大きな成果【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/15

「ポスト平成」は社会保障の第3ステージ【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/13

ダボス会議で「人生100年時代」を議論【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/8

変わる医師の役割、将来の医療の課題は?【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/6

「楽後」を支える、かかりつけ医の役割大【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/31

もう一つの“医療危機”、基礎目指す医師減少【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/30

「働く」の意味を再定義、「社会参加」へ【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/23

大学の研究力低下、二つの“荒波”が原因【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/22

「最後の砦」大学に財政的支援を【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/21