m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>DMAT、大規模災害ごと進化の歴史【平成の医療史30年◆災害医療編】

DMAT、大規模災害ごと進化の歴史【平成の医療史30年◆災害医療編】

「防ぎ得る災害死」との闘い続く

2019年2月17日 水谷悠(m3.com編集部)


1995年(平成7年)阪神・淡路大震災と2011年(平成23年)東日本大震災を筆頭に、平成の30年間は多くの災害に直面した時代として記憶される。発生直後の急性期から、避難生活を送る被災者らへの慢性期まで、その都度困難に直面しながら、DMAT(災害派遣医療チーム)の発足やEMIS(広域災害救急医療情報システム)の整備など、災害医療体制も進化を遂げてきた。その歴史を概観するとともに、DMAT発足に深く関わった東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科救急災害医学分野教授の大友康裕氏のインタビューをお届け...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

平成の医療史30年に関する記事(一覧

「最後の砦」大学に財政的支援を【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/21

日医会長と小泉議員の「人生100年時代」【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/19

大学勤務医の臨床の比重増加、経営悪化で【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/17

2004年度の国立大学法人化が最大の転機【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/13

2000年代以降、科学立国の危機に【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/12

30年後の未来、生涯現役?リタイア?【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/9

ネット黎明期が「一番悪かった」【平成の医療史30年◆がん告知編】 2019/3/8

告知できるのは選択肢が増えたから【平成の医療史30年◆がん告知編】 2019/3/6

「医師の裁量の範囲」から「義務」へ【平成の医療史30年◆がん告知編】 2019/3/4

次世代の医学教育への期待と課題【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/2

DMAT、元々は広域搬送のためのチーム【平成の医療史30年◆災害医療編】 2019/3/2

HPVワクチン、「まず導入に当たり問題が」【平成の医療史30年◆予防接種行政編】 2019/3/1

東京DMAT、「都外派遣」はダメなの?【平成の医療史30年◆災害医療編】 2019/2/25

医療は発展、終着点は「死」の在り方【平成の医療史30年◆特別編】 2019/2/23

「東京DMAT」創設、石原元都知事が突破口【平成の医療史30年◆災害医療編】 2019/2/22

DMAT、大規模災害ごと進化の歴史【平成の医療史30年◆災害医療編】 2019/2/17

「医療者のみで医療が完結」は終焉【平成の医療史30年◆特別編】 2019/2/16

麻疹排除計画「風疹を同時に入れたのは大正解」【平成の医療史30年◆予防接種行政編】 2019/2/15

医局の役割、30年でどう変化?【平成の医療史30年◆特別編】 2019/2/13

2000年改正でインフルエンザを追加したわけ【平成の医療史30年◆予防接種行政編】 2019/2/11