m3.com トップ>医療維新>オピニオン|山田瑛文の「...>学びの多い「ポリクリライフ」

学びの多い「ポリクリライフ」

将来の進路を決めるイメージをつかむ好機

2019年2月11日 山田瑛文(順天堂大学医学部医学科5年生)


医学生の入学以降の初めての壁とも言えるCBTやOSCEを乗り切ると、いよいよ臨床実習、いわゆるポリクリが始まります。私たちより一世代前では、基礎などアカデミック的な知識をゆっくりしっかりと学んでからポリクリが始まっていたようですが、現在はアーリーアダプターを育てるためにCBTやOSCEの時期を早めて、ポリクリも早い時期から行ったり、低学年から病院見学の機会を設ける大学が多いと聞きます。私の学校でも漏れることなく低学年から病院見学の機会があり、4年生の10月ごろよりポリクリが始まります。1年生の時...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事