m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>勤務医、産業医、会社社長……、“多足の草鞋”の日々

勤務医、産業医、会社社長……、“多足の草鞋”の日々

「典型的な1週間のスケジュールをご紹介します」

2019年2月11日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


皆様はじめまして!!神田橋宏治(かんだばし・こうじ)と申します。合同会社DB-SeeD(東京都文京区)社長です。東京で主に産業医と、としま昭和病院(東京都豊島区)で内科医・在宅訪問医をしながら糊口をしのいでおります。ほかに、医療関係の顧問、大学受験予備校の採点講師、医師国家試験の解説原稿執筆、労働衛生コンサルタント(そのうち説明します)、時々はテレビや映画のエキストラなどもやっております。そうそう最近、「山岳医事務所」(そのうち説明します)も立ち上げました。これは新聞やYahoo!ニュースにも取...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事