m3.com トップ>医療維新>レポート>主要学会役員、製薬企業からの報酬総額は7億円強

主要学会役員、製薬企業からの報酬総額は7億円強

卒後4年目の若手医師らが分析、JAMAに論文掲載

2019年2月9日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本の19の基本領域学会の計405人の役員のうち、2016年1年間に日本製薬工業協会加盟71社から講演料や原稿料などの報酬を受け取ったのは352人(86.9%)、その総額は646万8585ドル(約7億2448万円)に上る――。仙台厚生病院(仙台市青葉区)の医師、齋藤宏章氏らの研究で明らかになった。352人のうち、40人の役員で総額の45.8%を占め、1人当たりの最高額は17万1245ドル(約1918万円)。学会別では、日本内科学会が総額134万3732ドル(約1億5050万円)でトップ。以下、日...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「新・家庭医療専門医」、総合診療専門医のサブスペ創設へ 2019/5/19

「総合医育成プログラム」、プライマリ・ケア連合学会も2019年度開始 2019/5/18

妊婦加算「必要」も「負担の意味示せ」、妊産婦の医療体制検討会 2019/5/17

浜松医大が高裁も勝訴、「渡航移植患者の診療継続拒否」裁判 2019/5/16

日医、2020年度概算要求へ要望 2019/5/16

総合医は「患者全体をマネジメントする医師」井上・全日病常任理事 2019/5/12

退職医師の再就職支援、2020年度開始目指す、NPO全世代 2019/5/11

急激な医療費抑制策は「参院選で与党に厳しい審判」日医会長 2019/5/9

「特定臨床研究」、法施行1年強で1140件 2019/5/8

「医師法21条の届出範囲は拡大せず」、厚労省事務連絡 2019/4/30

2020年度診療報酬改定で要望書提出へ、日病協 2019/4/27

日本内科学会、AIによる診断支援システムを今夏にも公開 2019/4/26

特定機能病院の承認要件、「第三者評価」を導入へ 2019/4/26

看護職員の届出制度浸透せず、看護需給分科会 2019/4/26

行政の10連休危機意識、約半数「高い」と評価 2019/4/26

「医師少数区域の支援」全地域医療支援病院の責務、厚労省提案 2019/4/25

「医師で研究者」の働き方早急な議論を、国立大学病院長会議 2019/4/25

オンライン診療で緊急避妊薬「産婦人科医以外も研修受講で可能」で議論 2019/4/24

財政審、増加医療費の半分「政策的に対応可能」 2019/4/24

「卒前・卒後シームレスな医師養成が進展」、厚労省 2019/4/21