m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>2000年改正でインフルエンザを追加したわけ【平成の医療史30年◆予防接種行政編】

2000年改正でインフルエンザを追加したわけ【平成の医療史30年◆予防接種行政編】

初めての「先取り」となったパンデミック対策 - 川崎市健康安全研究所所長・岡部信彦氏に聞く◆Vol.2

2019年2月11日 聞き手・まとめ:長倉克枝(m3.com編集部)


――1994年の予防接種法改正ではインフルエンザの予防接種も定期接種から外れました。法改正前から、インフルエンザの予防接種を受ける人は激減していました。効果に疑問が持たれ、加えて副反応として急性脳炎が発生したと大きく報道され、また1980年には群馬県前橋市で同市医師会の調査などによりインフルエンザの集団接種が中止されたなどを契機に、全国の学校などでの集団接種はほとんど行われなくなったためでした。ニーズが無くなればワクチン製造も縮小となり、その結果国内でのインフルエンザワクチンの生産はほぼなくなり...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事