m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>全自病会長「医師の働き方改革と不足・偏在対策を並行して」

全自病会長「医師の働き方改革と不足・偏在対策を並行して」

「緊急対策6項目」アンケートを実施

2019年2月15日 水谷悠(m3.com編集部)


全国自治体病院協議会会長の小熊豊氏は2月14日の定例記者会見で、医師の働き方改革について、医師の健康確保と同時に地域医療体制の確保も重要だとして、「働き方改革と並行して医師の不足・偏在が解決する方向で結論を出してほしい」と述べた。厚生労働省が2018年2月に出した「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取り組み」6項目の進捗状況について、近く会員病院にアンケートを行うことも明らかにした(緊急的な取り組みについては『次回以降「本丸」の上限規制など議論』を参照)。小熊氏は、医師の偏在対策では、地域医療支...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

日本外科学会、「大学病院で特定行為のパッケージ研修を」 2019/3/19

医師の働き方改革、報告書取りまとめへ大詰め 2019/3/15

医師の働き方改革報告書案、「上限1860時間」 2019/3/13

産科医らが署名活動「長時間労働規制を」 2019/3/11

時間外「1920時間以上」、産婦人科医の4人に1人 2019/3/8

医療機器の特別償却、医師1人の診療所は対象か? 2019/3/6

日病会長、働き方改革「想像を絶する努力しないと」 2019/2/26

副座長、辞める覚悟で会議に臨んだ-渋谷健司・厚労省「医師の働き方改革に関する検討会」副座長 2019/2/22

「働き方改革」への姿勢で激論、厚労省検討会 2019/2/21

時間外上限「年1860時間」で再提案 2019/2/21

全自病会長「医師の働き方改革と不足・偏在対策を並行して」 2019/2/15

医師の健康確保措置、実施しなければ「暫定特例解除」も 2019/2/7

産婦人科医の不安、疑問続出「5年でゼロにできるのか」 2019/1/28

日病協議長、時間外「上限ありきでいいのか」 2019/1/25

日医会長「全医師に暫定特例水準を強いるものではない」 2019/1/23

「時間外上限2000時間」案、変更の可能性も 2019/1/22

「宿直」の定義が先決、時間外労働の議論に“注文” 2019/1/16

「大学病院こそ危機意識を持ち、10年後に960時間を目指す」と宣言を-渋谷健司・東大教授に... 2019/1/15

当直する常勤2人、23区以上の面積支える-阿部吉弘・小国町立病院院長に聞く 2019/1/14

時間外上限「地域医療確保暫定特例水準」1900~2000時間 2019/1/12