m3.com トップ>医療維新>医師調査|今どきU35...>若手医師、最先端医療の実用化に関与も ◆ Vol.9

若手医師、最先端医療の実用化に関与も ◆ Vol.9

関心のない層の存在も

2019年2月16日 大西裕康(m3.com編集部)


「今どきU35ドクター調査」の結果をお届けするシリーズ、今回はAI(人工知能)の活用やiPS細胞に代表される再生医療など、最先端医療についての関心度を聞いた結果を紹介する。Q、AIの活用やiPS細胞に代表される再生医療など、最先端医療の進歩が著しいですが、どのようにお考えでしょうか。最も多かった回答は「まだまだ現実味はないものの、興味があるニュースが出た時は記事を読んだりしている」(46.9%)だった。「自分で最先端医療の実用化に取り組んでいる」(4.6%)との回答も一定数集まったのに加え、「自...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事