m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>「医師の裁量の範囲」から「義務」へ【平成の医療史30年◆がん告知編】

「医師の裁量の範囲」から「義務」へ【平成の医療史30年◆がん告知編】

30年でがん告知率80%増、何が?

2019年3月4日 岩崎雅子(m3.com編集部)


医師に任せる治療から、患者の自己決定を重視する治療へ──。治療方針について患者への説明が求められ、インフォームドコンセントが重視されるようになるなど、医師と患者の関係性はこの30年で大きく変化してきた。変化が端的に表れているのはがんの告知ではないだろうか。「非告知」から「告知」の時代となった転換点は1990~2000年ごろにある。世論からどのような要請があり、また、医師はどのように告知を受け入れたのか。がん告知の歴史を振り返るとともに、がん治療の変化やインフォームドコンセントの現状に関して研究し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

平成の医療史30年に関する記事(一覧

「保健医療2035」、塩崎元厚労相の一本の電話から【平成の医療史◆特別編】 2019/5/21

Lancet日本特集号を監修、教室発展の契機に【平成の医療史◆特別編】 2019/5/18

東大教授に就任、「大変な選択肢選べ」が後押し【平成の医療史◆特別編】 2019/5/15

WHO事務局長選挙のあおり、不遇の時代も【平成の医療史◆特別編】 2019/5/12

ハーバード大留学、一時は帰国もWHOへ【平成の医療史◆特別編】 2019/5/9

医局所属せずキャリア拓く、恩師との出会い【平成の医療史◆特別編】 2019/5/6

東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジ【平成の医療史◆特別編】 2019/5/3

新興感染症対策の基礎は「日常的な上気道炎」の診療【平成の医療史30年◆新型インフル編】 2019/4/29

「致死率0.4%」の衝撃と水際対策で手にした「2週間」【平成の医療史30年◆新型インフル編... 2019/4/26

新型インフルの初期対応は「大型連休に助けられた」【平成の医療史30年◆新型インフル編】 2019/4/24

「研究人材養成とデータガバナンス」が今後の課題【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/20

IRUD(未診断疾患イニシアチブ)で大きな成果【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/15

「ポスト平成」は社会保障の第3ステージ【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/13

ダボス会議で「人生100年時代」を議論【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/8

変わる医師の役割、将来の医療の課題は?【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/6

「楽後」を支える、かかりつけ医の役割大【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/31

もう一つの“医療危機”、基礎目指す医師減少【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/30

「働く」の意味を再定義、「社会参加」へ【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/23

大学の研究力低下、二つの“荒波”が原因【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/22

「最後の砦」大学に財政的支援を【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/21