m3.com トップ>医療維新>オピニオン|山田瑛文の「...>「研修先どうするの?」が実習中の日常会話に

「研修先どうするの?」が実習中の日常会話に

“就活”とマッチングの違い、両方を知る立場から

2019年2月23日 山田瑛文(順天堂大学医学部医学科5年生)


5年生ももうすぐ終わり、春休みに入るといよいよマッチングのために病院見学へ行く学生が増え始めます。日々の実習の中でも「研修先どうするの?」「病院見学申し込んだ?」「プレレジ期間、どこの病院選んだ?」という会話が飛び交います。マッチングに関しては人それぞれで、地元の病院やお給料の良い病院、ブランド力のある病院、教育が良いと言われている病院、通っている大学の関連病院など、さまざまな価値観で自分に合う病院を探しています。よくマッチングは「医学生の就職活動」と表現されます。社会人として初めて勤め、給料を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事