m3.com トップ>医療維新>レポート|NCDで医療...>循環器内科領域でのインターベンション治療の成熟、医療の質向上に向けて

循環器内科領域でのインターベンション治療の成熟、医療の質向上に向けて

CVIT(日本心血管インターベンション治療学会)の取り組み

2019年2月24日 NCD事務局


内科領域として、いち早くデータ登録を始めたCVIT。J-PCI(日本心血管インターベンション)レジストリーに関しては、NCDへの移行後も登録件数は順調に推移し、さらに専門医認定医制度とのひもづけにより、今やPCI施行数の9割以上がデータ登録されている。同学会の前理事長で東邦大学医療センター大橋病院循環器内科教授の中村正人氏と、現理事長で東海大学医学部内科学系循環器内科教授の伊苅裕二氏、レジストリー委員会委員長で愛知医科大学循環器内科教授の天野哲也氏に、NCD参画の経緯と意義や成果、NCDデータの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事