m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療構想>病床機能報告「稼働病床数」は廃止、3項目を見直し

病床機能報告「稼働病床数」は廃止、3項目を見直し

公民の競合、手術以外の実績や地理的条件も加味し検証

2019年2月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は2月22日に開催された「地域医療構想に関するワーキンググループ」(座長:尾形裕也・九州大学名誉教授)の第19回会議で、病床機能報告の項目の見直しを提案した(資料は、厚労省のホームページ)。(1)機能転換やダウンサイジングに関する意思決定の重要な契機となる「病棟の建て替え時期」の目安を把握するため、2019年度から「病棟ごとの築年数」を追加、(2)2020年度以降の報告から「稼働病床数」を廃止、(3)季節変動などで変動する懸念があるため、2021年度の報告から「診療実績の報告対象期間」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

地域医療構想に関する記事(一覧

公立・公的病院の病床機能、2025年度も全体では「現状維持」 2019/5/16

第7次医療計画「中間年の見直し」見据え、今年末に意見集約 2019/3/29

17項目で診療実績「見える化」、公立・公的病院の再編後押し 2019/3/20

病床機能報告「稼働病床数」は廃止、3項目を見直し 2019/2/25

地域医療構想、医師確保計画、働き方改革は「一体的に」 2019/2/15

「公の重点化」が必要な構想区域、4つのパターン例示 2019/1/31

基金100億円増額も「使い勝手が悪い」、中川日医副会長 2019/1/17

地域医療構想、実現を阻むのは「首長」 2018/12/21

「在宅医療充実に向けた都道府県の役割」、厚労省通知へ 2018/11/12

地域医療構想調整会議、「多数決で採決」はNG 2018/10/26

厚労省、「在宅医療の充実に向けた議論の整理」(案)を提示 2018/9/11

「地域医療構想アドバイザ-」、必要なのは現場感覚 2018/7/20

「実態のない急性期病棟」にメス、客観的基準で「外れ値」除外 2018/6/18

8府県は未設定、医療計画「原則記載」の在宅目標 2018/5/24

「地域医療構想アドバイザー」、都道府県単位で設置へ 2018/5/16

進む病院の再編統合、ネックは「給与体系の相違」 2018/5/16

地域医療構想調整会議、成功のカギは「対話と信頼」 2018/3/29

地域医療構想調整会議、「郡市医師会の役割が重要」 2018/3/28

急性期医療を全く提供していない「急性期病棟」、データ公表へ 2018/3/28

有床診の特例開設、「調整会議の協議」が前提 2018/3/3