m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療構想>病床機能報告「稼働病床数」は廃止、3項目を見直し

病床機能報告「稼働病床数」は廃止、3項目を見直し

公民の競合、手術以外の実績や地理的条件も加味し検証

2019年2月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は2月22日に開催された「地域医療構想に関するワーキンググループ」(座長:尾形裕也・九州大学名誉教授)の第19回会議で、病床機能報告の項目の見直しを提案した(資料は、厚労省のホームページ)。(1)機能転換やダウンサイジングに関する意思決定の重要な契機となる「病棟の建て替え時期」の目安を把握するため、2019年度から「病棟ごとの築年数」を追加、(2)2020年度以降の報告から「稼働病床数」を廃止、(3)季節変動などで変動する懸念があるため、2021年度の報告から「診療実績の報告対象期間」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

地域医療構想に関する記事(一覧

厚労省、医療部会に2020年度改定の基本方針(骨子案)提示 2019/11/18

民間病院の診療実績や競合状態「可視化」、新たな財政支援も提示へ 2019/11/12

民間病院のデータ「一般公開の必然性ない」、日医 2019/10/30

日病、独自の分析データを準備 2019/10/30

地域医療構想「民間病院の実績公表や今後の予定に関心」関東・意見交換会 2019/10/30

地域医療構想「厚労省の『実情に応じて議論』は本当か」 2019/10/30

「地域医療構想、実現が不可欠」、安倍首相 2019/10/28

地域医療構想「趣旨は理解、424病院公表は問題」、東北・意見交換会 2019/10/24

風評被害を招く厚労省のやり方に断固反対-高木誠・済生会中央病院院長に聞く 2019/10/23

永井部会長「紆余曲折があっても、データに基づく議論の第一歩」 2019/10/22

424病院名公表、「風評被害出る」「対応は間違っていない」 2019/10/18

第7次医療計画の中間見直し、周産期・小児医療を議論 2019/10/18

「再検証」要請の424病院、「統廃合」の対象にあらず 2019/10/13

424の公立・公的病院名公表、混乱の「正常化」目指す 2019/10/4

「『再編統合』という言葉が先走り、混乱懸念」、横倉日医会長 2019/10/2

日病会長「厚労省がどうしたいか分からない」 2019/10/2

「調整会議の活性化、それが目的の9割」、中川日医副会長 2019/9/30

「調整会議の議論活性化が趣旨」、3094の民間病院の実績も提示 2019/9/30

424の公立・公的病院等、再編統合も視野に「再検証」 2019/9/26

公立・公的病院「再編統合」の再検証、要請方針を了承 2019/9/6