m3.com トップ>医療維新>レポート>医師法21条通知、佐々木厚労省医事課長が解説

医師法21条通知、佐々木厚労省医事課長が解説

「最高裁判決、国会での大臣答弁と同趣旨」

2019年2月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚労省医政局医事課課長の佐々木健氏は、2月8日付の医事課長通知「医師による異状死体の届出の徹底について」について、2004年4月の都立広尾病院事件の最高裁判決をはじめ、過去の厚労省の国会答弁等と同様の趣旨であると説明する(『医師法21条、厚労省が初の解釈通知』を参照)。佐々木氏が挙げたのは、最高裁判決のほか、2006年6月13日の衆議院法務委員会での厚労省大臣官房審議官の岡島敦子氏答弁(抜粋を文末に掲載)、2006年12月1日の衆議院厚生労働委員会での厚労省医政局長の松谷有希雄氏答弁(抜粋を文末...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

自治体病院、10連休の開院は2日間が最多 2019/4/19

がん遺伝子情報、集約化に向け法整備を、日医 2019/4/17

診断・治療支援AI、薬機法改正で機能アップデート容易に 2019/4/17

医師の働き方改革、四病協「慌てて動かない」 2019/4/17

産婦人科と他科の情報共有不十分、日産婦・中井氏「深刻」 2019/4/17

全国知事会の「健康立国宣言」、573の活動を実施・予定 2019/4/12

オンライン診療、保険適用後の実施過半数は自由診療 2019/4/11

2次救急病院の5割、大学の医師引き揚げ懸念 2019/4/11

日医会長、新紙幣に初代会長北里選定「大変喜ばしい」 2019/4/11

「医師の生産性、2040年までに7%以上改善」医療・福祉サービス改革プラン 2019/4/10

子宮頸がんワクチン記事の名誉毀損裁判、村中氏が控訴 2019/4/10

ACPの診療報酬点数化「これから」 2019/4/8

日本医学会、子宮移植の倫理に関する検討を開始 2019/4/8

アナフィラキシーには「オッサン筋注」か?エピペンか? 2019/4/7

医療情報の提供1回500万円、京大病院が「情報加工料」を規定 2019/4/5

脂質異常症薬のネット販売「納得いかず」日医・城守氏 2019/4/5

緊急避妊薬の処方、オンライン診療で可能に 2019/4/1

大学別医学部合格者ランキング(2019年度版) 2019/3/29

“バイオセイム”は”BS”と同価格で開始へ 2019/3/29

「日本の医療のグランドデザイン2030」、日医総研まとめる 2019/3/27