m3.com トップ>医療維新>オピニオン|「医学部卒後...>“全国区”の診療科で学ぶ誇りと苦労

“全国区”の診療科で学ぶ誇りと苦労

父の背中を見て自然と進んだ医師の道 -テーマ4「急性期」Vol.4-

2019年3月1日 JCHO東京山手メディカルセンター大腸・肛門科 中田 拓也


中田拓也TakuyaNakataJCHO東京山手メディカルセンター大腸・肛門科医員【略歴】群馬県出身。2010年東京医科大学卒業。戸田中央総合病院(埼玉県)で医師臨床研修修了後、都立大塚病院での外科後期研修を経て、2015年4月より現職。【所属学会・取得資格等】日本外科学会専門医、大腸肛門病学会会員⇒JCHO尾身理事長が語る「急性期」はコチラ私が医師を目指そうとしたきっかけとして特別な理由はなく、消化器内科医である父を見ていて、強制された記憶は一切ありませんが、高校入学時には自然と医学部受験を考...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

「医学部卒後10-15年目の医師たち」~JCHO編~に関する記事(一覧

女性副院長、MBA取得で病院経営を黒字に 2019/3/29

後期研修1年目、”レガシー”を学ぶ日々◆番外編「研修医」 2019/3/16

2年目研修医が語るリウマチ・膠原病内科への憧れ◆番外編「研修医」 2019/3/10

“全国区”の診療科で学ぶ誇りと苦労 2019/3/1

研修医生活後は離島診療へ◆番外編「研修医」 2019/2/22

目標は「ハイブリッド脳神経外科医」◆番外編「研修医」 2019/2/15

医学部再受験、有機化学の研究者から転身◆番外編「研修医」 2019/2/9

研修医が個性を試せる“舞台”がある 2019/2/8

眼科領域の“大谷”目指す、NY留学経て野心に火 2018/12/21

「妊娠・出産でキャリアを諦めないで」女性外科医の助言 2018/11/22

世界初の手術成功事例から地域との連携まで 2018/11/2

学会ロス乗り越え、脳神経外科のプロフェッショナルに 2018/11/2

子育て女医の復帰「当直医制」の職場が望ましい 2018/9/28

女医が働きやすい環境、自ら求める姿勢も必要 2018/8/31

3児の母は支えられて研鑽継続 2018/8/17

“パワフルな女医”が目標、求められて乳腺外科 2018/8/3

女性専用当直室や院内保育…「女性支援は当たり前」 2018/8/3

「マムシ咬傷」院内パスも作って対応、山脈地域での医療とは 2018/7/6

大自然・北海道の産婦人科医、癒しの空間作りを目指して 2018/6/29

卒後33年、新院長が振り返る「日常診療からつながる地域包括ケア」 2018/6/22