m3.com トップ>医療維新>レポート|最終講義>「苦しむ人々の声を聴く」が最も困難な義務、山本和利・札幌医大教授

「苦しむ人々の声を聴く」が最も困難な義務、山本和利・札幌医大教授

最終講義、「不遇に屈しない能力」で地域医療総合医学講座を運営

2019年3月4日 橋本佳子(m3.com編集長)


札幌医科大学医学部医学科の臨床医学部門地域医療総合医学講座教授を務める山本和利氏の最終講義が3月1日、「地域医療総合医学講座の研究総合診療科の診療」をテーマに同大で開催された。山本氏は、1999年2月に開設された同講座の初代教授で、20年にわたり、総合診療医の育成に努めてきたほか、札幌医大の医学教育改革にも取り組んできた。最終講義では、総合診療分野で同大勤務以前から取り組んできた研究のほか、「総合診療科が何をやっているのか、まだ知らない方も多い」と前置きし、症例を交えながら、総合診療の理論、基本...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事