m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>2004年度の国立大学法人化が最大の転機【平成の医療史30年◆大学編】

2004年度の国立大学法人化が最大の転機【平成の医療史30年◆大学編】

山本修一・国立大学附属病院長会議常置委員会委員長に聞く◆Vol.1

2019年3月13日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


平成の30年間で、大学の中でも、特に経営環境が大きく変わったのが、国立大学病院だ。2004年度の国立大学法人化で、それまで文部科学省の予算管理の下で運営されてきた大学が、自立した経営を求められるようになった。それに伴う運営費交付金の減額、同時期に実施された臨床研修必修化の影響が大きく、最近では「医師の働き方改革」という変革の波も押し寄せている。国立大学附属病院長会議常置委員会委員長で、千葉大学医学部附属病院の病院長を務める山本修一氏に、病院トップの立場から、2004年度以降の国立大学病院をめぐる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

平成の医療史30年に関する記事(一覧

新型インフルの初期対応は「大型連休に助けられた」【平成の医療史30年◆新型インフル編】 2019/4/24

「研究人材養成とデータガバナンス」が今後の課題【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/20

IRUD(未診断疾患イニシアチブ)で大きな成果【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/15

「ポスト平成」は社会保障の第3ステージ【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/13

ダボス会議で「人生100年時代」を議論【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/8

変わる医師の役割、将来の医療の課題は?【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/6

「楽後」を支える、かかりつけ医の役割大【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/31

もう一つの“医療危機”、基礎目指す医師減少【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/30

「働く」の意味を再定義、「社会参加」へ【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/23

大学の研究力低下、二つの“荒波”が原因【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/22

「最後の砦」大学に財政的支援を【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/21

日医会長と小泉議員の「人生100年時代」【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/19

大学勤務医の臨床の比重増加、経営悪化で【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/17

2004年度の国立大学法人化が最大の転機【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/13

2000年代以降、科学立国の危機に【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/12

30年後の未来、生涯現役?リタイア?【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/9

ネット黎明期が「一番悪かった」【平成の医療史30年◆がん告知編】 2019/3/8

告知できるのは選択肢が増えたから【平成の医療史30年◆がん告知編】 2019/3/6

「医師の裁量の範囲」から「義務」へ【平成の医療史30年◆がん告知編】 2019/3/4

次世代の医学教育への期待と課題【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/2