m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>大学勤務医の臨床の比重増加、経営悪化で【平成の医療史30年◆大学編】

大学勤務医の臨床の比重増加、経営悪化で【平成の医療史30年◆大学編】

山本修一・国立大学附属病院長会議常置委員会委員長に聞く◆Vol.2

2019年3月17日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――その上、国立大学病院にとっては、控除対象外消費税の問題もあります。2014年度に消費税率が5%から8%に引き上げられた際、特定機能病院の補てん率は61.7%という結果でした(『2019年度消費増税対応は基本診療料で、「議論の整理」(案)了承』を参照)。その通りです。2019年10月の税率10%への引き上げの際は、見直され、特定機能病院全体では補てん率が100%近くになるとのことですが、それはあくまで平均値。われわれは、病院の規模によって補てん不足が億単位でばらつくことを以前から主張してきまし...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

平成の医療史30年に関する記事(一覧

新型インフルの初期対応は「大型連休に助けられた」【平成の医療史30年◆新型インフル編】 2019/4/24

「研究人材養成とデータガバナンス」が今後の課題【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/20

IRUD(未診断疾患イニシアチブ)で大きな成果【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/15

「ポスト平成」は社会保障の第3ステージ【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/13

ダボス会議で「人生100年時代」を議論【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/8

変わる医師の役割、将来の医療の課題は?【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/6

「楽後」を支える、かかりつけ医の役割大【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/31

もう一つの“医療危機”、基礎目指す医師減少【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/30

「働く」の意味を再定義、「社会参加」へ【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/23

大学の研究力低下、二つの“荒波”が原因【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/22

「最後の砦」大学に財政的支援を【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/21

日医会長と小泉議員の「人生100年時代」【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/19

大学勤務医の臨床の比重増加、経営悪化で【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/17

2004年度の国立大学法人化が最大の転機【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/13

2000年代以降、科学立国の危機に【平成の医療史30年◆大学編】 2019/3/12

30年後の未来、生涯現役?リタイア?【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/9

ネット黎明期が「一番悪かった」【平成の医療史30年◆がん告知編】 2019/3/8

告知できるのは選択肢が増えたから【平成の医療史30年◆がん告知編】 2019/3/6

「医師の裁量の範囲」から「義務」へ【平成の医療史30年◆がん告知編】 2019/3/4

次世代の医学教育への期待と課題【平成の医療史30年◆特別編】 2019/3/2