m3.com トップ>医療維新>レポート|乳腺外科医準...>乳腺外科医事件「医療界が一致団結できなかったのが反省」

乳腺外科医事件「医療界が一致団結できなかったのが反省」

控訴審は長期化の様相「官僚的な裁判官で、安心はできない」

2019年3月10日 高橋直純(m3.com編集部)


東京保険医協会が3月9日に開催した「乳腺外科医裁判報告会」で、弁護団が一審判決や今後の見通しについて解説した。弁護団は控訴審は長期化していく見通しであることを説明し、今後の支援を呼びかけた。同協会勤務医委員会委員長の細田悟氏は「医療界が一致団結できなかったのが反省」と述べた(弁護士の説明は『乳腺外科医事件「高裁の可能性、引き続き支援を」支援者集会』を参照)。細田氏は冒頭で「大野病院事件の時は医療界全体が盛り上がり、一審(2008年8月に無罪判決)で結審となった。今回、東京保険医協会は孤軍奮闘して...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

乳腺外科医準強制わいせつ逮捕・起訴事件に関する記事(一覧

逮捕当日の病院声明「医師守るために毅然とした対応を」-八巻秀人・柳原病院外科医局長に聞く◆... 2019/4/17

乳腺外科医事件、前立ち医師「被害届に愕然とした」-八巻秀人・柳原病院外科医局長に聞く◆Vo... 2019/4/12

乳腺外科医事件「医療界が一致団結できなかったのが反省」 2019/3/10

「合理的な疑いを差し挟む余地がある」-乳腺外科医裁判判決文の詳報◆Vol.7 2019/3/5

検査者としての科捜研研究員の誠実性-乳腺外科医裁判判決文の詳報◆Vol.6 2019/3/5

DNAが被害女性の左乳首付近に付着する可能性-乳腺外科医裁判判決文の詳報◆Vol.5 2019/3/5

麻酔科医、精神科医らの証言-乳腺外科医裁判判決文の詳報◆Vol.3 2019/3/5

アミラーゼ鑑定及びDNA型鑑定の信用性等に対する判断-乳腺外科医裁判判決文の詳報◆Vol.... 2019/3/5

麻酔覚醒時のせん妄の影響の有無及び程度-乳腺外科医裁判判決文の詳報◆Vol.2 2019/3/5

「主要事実レベルの争点は事件性である」-乳腺外科医裁判判決文の詳報◆Vol.1 2019/3/5

検事控訴をさせないための一審判決-高野隆・主任弁護人に聞く◆Vol.2 2019/3/2

「あり得ないと肌で感じた」、乳腺外科医裁判-高野隆・主任弁護人に聞く◆Vol.1 2019/2/27

乳腺外科医裁判、「捜査手法に大きなインパクト」(2月21日追記) 2019/2/20

乳腺外科医裁判の一審判決を支持、日医「早期に収束を」 2019/2/20

乳腺外科医裁判で無罪判決、わいせつ行為否定(2月20日17時追記) 2019/2/20

乳腺外科医裁判、2月20日の判決迫る 2019/2/17

乳腺外科医事件「高裁の可能性、引き続き支援を」支援者集会 2019/1/16

被害女性「医師免許剥奪、長い長い実刑を」 2019/1/9

検察は懲役3年を求刑、乳腺外科医裁判(1月9日追記) 2019/1/9

事件当日、「身支度後は手洗いはせず」被告人質問 2018/11/21