m3.com トップ>医療維新>オピニオン>問題は「透析中止」にあらず、マスコミ報道に違和感

問題は「透析中止」にあらず、マスコミ報道に違和感

核心は「十分な選択肢の提示と納得のいく対話」の有無

2019年3月10日 永井康徳(医療法人ゆうの森理事長)


公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題でのマスコミ報道が止まらない。多くのマスコミの論調はこうだ。「透析を中止すれば死に至るのが分かっているのに、透析の中止の選択肢を提示して患者は死亡した。そもそも医師は患者を死に至らしめる選択肢を提示していいのか」医師が透析の中止を選択肢と提示することはいけないことなのか。そもそもこの出発点のボタンが掛け違っている。私が理事長を務める医療法人ゆうの森(愛媛県松山市)は、在宅医療を主体にする医療機関を運営しており、法人全体の看取りは年間約200人に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

インデックス(一覧

イギリスでのスポーツ医学を勉強して思うこと◆Vol.4 2021/1/17

イギリスでのスポーツ医学を勉強して思うこと◆Vol.3 2021/1/11

イギリスでのスポーツ医学を勉強して思うこと◆Vol.2 2021/1/9

イギリスでのスポーツ医学を勉強して思うこと◆Vol.1 2021/1/2

「日本では数十年遅れている」呼吸器中止の議論 2020/11/23

医療自殺ほう助は「ハワイでも時期尚早、日本は問題外」 2020/11/22

国民安心病院や生活治療センターで受け入れ態勢充実 2020/6/15

ドライブスルー型PCR検査、若手医師の発案で誕生 2020/6/14

救急クリニックの医業収入「かなり減った」、安倍首相の功績? 2020/4/15

「仲間がいるっていいな」 2020/4/12

ニューヨークの医療現場は崩壊寸前の状態 2020/4/4

新型コロナウイルス(COVID-19)の流行はいつまで続くのか? 2020/3/29

COVID-19も「ただの風邪」と認識される日が来るのか 2020/3/3

[中国吉林省のある医師の日記]発熱外来でCOVID-19疑い患者を診た 2020/2/22

ハンガリーの医学部進学、本当に最善の選択か? 2019/12/29

「国際潮流と日本のメンタルヘルス政策」聴講記 2019/12/28

「中村先生の訃報、魂を失うような感じを覚えた」 2019/12/8

医療系学生による高校生向け出張授業「医療者を目指す君たちへ」◆Vol.2 2019/11/20

医療系学生による高校生向け出張授業「医療者を目指す君たちへ」◆Vol.1 2019/11/20

問題は「透析中止」にあらず、マスコミ報道に違和感 2019/3/10