m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>医師6割、時間外上限1860時間は「長い」

医師6割、時間外上限1860時間は「長い」

「引き下げと言うが、まやかしでしかない」

2019年3月12日 水谷悠(m3.com編集部)


厚生労働省は、一部の医療機関に対して特例で認められる医師の時間外労働時間上限「年1900~2000時間」の案が医療界の内外から批判されたことを受け、根拠としたデータを洗い直し、研鑽などのうち「指示なしの時間」を労働時間から除外することで上限時間を減らして「年1860時間」を新たに「医師の働き方改革に関する検討会」に提案した。それに合わせて初期・後期研修医などを対象とする「一定の期間集中的に技能の向上のための診療を必要とする場合」の特例も同じ「年1860時間」としている。この「1860時間」につい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

m3.com意識調査に関する記事(一覧

医師の勤務環境「変わらない」54% 2019/4/15

退職医師の再就職「週2~3日など、緩やかな勤務」なら 2019/4/14

研究医を増やすには?「医局で良いバイト斡旋を」「臨床と行き来しやすく」 2019/4/7

臨床研修中の英語論文、医師の4割が「反対」 2019/4/7

医師6割、時間外上限1860時間は「長い」 2019/3/12

緊急避妊薬「OTC化で性感染症増える」「スピードがメリット」 2019/3/10

医師の7割、児童・生徒への投球制限に賛成 2019/2/3

時間外上限「2000時間」、医師の半数が「長すぎる」 2019/1/27

「月に何度も36時間連続勤務」「厳しい規制必要」 2018/12/30

勤務医の2割強、連続勤務制限も休息取得も「不可能」 2018/12/29

インフル「処方しないのは医の倫理反する」「大半は不要」 2018/12/24

医師がインフル罹患「近医で受診」「診断もしない」 2018/12/23

風邪の患者に8割の医師がインフル迅速診断キット 2018/12/22

ACP愛称「人生会議」、普及に懐疑的 2018/12/16

医学部入試の同窓子弟枠、賛否が拮抗 2018/11/30

電子カルテ規格統一化に「賛成」、開業医の36.3%、勤務医の52.7% 2018/11/24

医師として「3浪以上は不利」「差はない」3割拮抗 2018/11/10

臓器別講座の弊害「専門外を診られない」「一臓器で臨床は成立せず」 2018/11/10

ナンバー制講座の弊害「無理な競争意識」「理由もなく仲が悪い」 2018/11/5

臓器別講座の弊害、年齢上がるごとに実感 2018/11/4