m3.com トップ>医療維新>レポート|臨床研修マッ...>「マッチング倍率で躍進」の真実 - 済生会横浜市南部病院 ◆ Vol.1

「マッチング倍率で躍進」の真実 - 済生会横浜市南部病院 ◆ Vol.1

地道な取り組みが開花

2019年3月23日 大西裕康(m3.com編集部)


2018年9月の臨床研修マッチング中間発表で「1位希望人数」が前年度の9人から30人へと大幅に増え、募集倍率の順位も全国244位から28位へと大躍進を遂げたのが済生会横浜市南部病院(横浜市、500床)だ。定員枠11人に対する最終的な応募人数は87人。その結果、2019年度の採用は上位16位までの応募者で決まった。臨床研修の統括責任者である臨床教育センター長の菱木智氏(副診療部長と総合内科主任部長を兼任)は、大躍進の要因について「病院全体で研修医を育てる文化が脈々と続いているところに試験日を増やし...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

臨床研修マッチングに関する記事(一覧

研修医が集まる「レジ室」の秘密とは-済生会横浜市南部病院◆Vol.2 2019/3/23

「マッチング倍率で躍進」の真実-済生会横浜市南部病院◆Vol.1 2019/3/23

マッチ率100%は11大学、大学人気低下傾向続く 2018/10/19

6都府県の研修医割合、下げ止まり、2018年度マッチング最終 2018/10/18

初期研修医も入職1週間でER当直-さいたま赤十字病院 2018/10/17

マッチング中間で大躍進の獨協医大、「ぶっとびHP」奏功 2018/10/13

医師臨床研修マッチング結果2018 2018/9/28

1位虎の門、2位聖路加、3位関東労災2018マッチング中間 2018/9/23

東大5年ぶり1位、東京医科歯科大が2位、2018マッチング中間 2018/9/21

マッチ率100%は10大学、大学人気下げ止まらず 2017/10/21

大都市圏の研修医割合、9年連続減―2017年度マッチング最終結果 2017/10/19

医師臨床研修マッチング結果まとめ2017 2017/9/27

1位聖路加、2位武蔵野日赤、3位亀田、2017年度中間マッチング 2017/9/23

医科歯科、東大の2強変わらず、杏林大が3位に、2017マッチング中間 2017/9/22

15大学がマッチ率100%、人気の二極化進む 2016/10/22

大都市圏以外に過去最多の研修医、2016年度マッチング最終結果 2016/10/20

「全ての面で市中病院が圧倒」、マッチングの動向 2016/10/17

1位聖路加、2位虎の門、3位横浜市立市民、2016年度中間マッチング 2016/9/26

医科歯科、東大、京大の「三強」不変、2016年度中間マッチング 2016/9/23

マッチ率100%は8大学、群馬大は研修医半減(2015年11月2日訂正) 2015/10/23