m3.com トップ>医療維新>レポート>赤ひげ大賞受賞は「今後も頑張れという意味」

赤ひげ大賞受賞は「今後も頑張れという意味」

最高齢93歳、計5人が語る“地域医療”とは

2019年3月18日 大西裕康(m3.com編集部)


日本医師会と産経新聞社は3月15日、東京都内で「第7回赤ひげ大賞」の表彰式とレセプションを開いた。授賞式で挨拶に立った最高齢93歳を含む計5人の受賞者たちからは、「やるべきことをやってきただけ」「赤ひげ大賞の受賞は今後も頑張れという意味だと思う」「現場に権限を」など、「地域医療」という言葉が一般的でなかった時代から、在宅医療に取り組んできた先人たちの力強い言葉が数々飛び出した。授賞式後のレセプションでは、安倍晋三首相、根本匠厚生労働相もお祝いに駆け付けたほか、現役医学生と受賞者のQ&Aコーナーも...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

日医参与「医師のICTリテラシーの低さが課題」 2019/12/9

医学部地域枠「今のスキームはアウト、“アカハラ”の懸念も」 2019/12/9

「失敗から学ぶ」から「レジリエンス」への転換を 2019/12/8

「大幅プラス改定で働き方改革実現を」日医など総決起大会 2019/12/6

福島医大、手術事故を機に医療安全アクションプラン策定 2019/12/5

「あはき、柔整は今後も伝承していくべき」日医・釜萢氏 2019/12/3

医療データ活用で新学部、2022年設置を計画、東京医科歯科大 2019/12/3

「横倉日医会長×小泉環境相」、人生100年時代語る 2019/12/1

「定年後の医師が活躍できる医療環境を」、やまがた宣言 2019/11/30

NICUは集約化・重点化、「量」から「質」の時代へ 2019/11/28

横倉会長「医師会代表として心からご冥福を祈る」 2019/11/28

横倉会長「本体マイナスは300万人の賃下げ要望に等しい」 2019/11/28

「精神科主治医として性的搾取」、遺族が医師免許剥奪求める 2019/11/26

「地域フォーミュラリ」で薬剤費削減に成功-日本海ヘルスケアネット◆Vol.2 2019/11/26

東京五輪・パラリンピックへ向け、メディカル研修始まる 2019/11/25

「迫る2022年危機!今こそ改革断行を!」、4つのスローガン決議 2019/11/22

「厚労省はスピード感がない」電カル標準化で日医・羽鳥氏が苦言 2019/11/21

厚労省PHR、民間事業者参入で議論「モラルか、ルールか」 2019/11/20

10法人で「地域医療の最適化」実現目指す-日本海ヘルスケアネット◆Vol.1 2019/11/20

デーモン閣下「医療現場の実情、もっと知らなくては」 2019/11/18