m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>日本外科学会、「大学病院で特定行為のパッケージ研修を」

日本外科学会、「大学病院で特定行為のパッケージ研修を」

タスク・シフティング推進、4月の定期学術集会で説明会開催

2019年3月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本外科学会は、2020年度から開始する特定行為研修制度の「パッケージ研修」に取り組むなどしてタスク・シフティングを進め、外科医の時間外労働の削減を進める方針を明らかにした。3月19日の外科系学会社会保険委員会連合の記者懇談会で、同学会の外科医労働環境改善委員会委員長の馬場秀夫氏が説明した。4月20日に開催される第119回日本外科学会定期学術集会で、特定機能病院を主たる対象とした説明会を開催する予定。馬場氏は、「パッケージ研修」の修了者が2023年度で「1万人」という厚生労働省の目標を紹介。これ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

時間外「960時間超」6.8%、「1860時間超」0.1%、全自病調査 2019/5/23

1860時間は例外、基本は960時間以内-迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.1 2019/5/22

1860時間は長いが、方向性は示した―森本正宏・自治労総合労働局長に聞く 2019/5/14

各科教授にはマネジメント改革を要請-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.4 2019/5/13

働き方改革、カギは医師自身の意識改革-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.3 2019/5/7

大学勤務医「研究の扱い」、今後の焦点-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.2 2019/4/30

「黒船来襲」働き方改革は待ったなし 2019/4/23

日本外科学会・馬場氏「外科医の業務総量減らす必要」 2019/4/22

「外科医こそ率先して働き方改革を」、迫井厚労省審議官 2019/4/22

「年1860時間」はギリギリの妥協点-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.1 2019/4/21

働き方改革「皆が対等に協議する場が重要」、日医・今村副会長 2019/4/4

医師の働き方報告書取りまとめ、「改革」スタートへ 2019/3/28

医師の働き方改革案「やむを得ない」、四病協 2019/3/28

医師の時間外「1860時間」に反対、厚労省に要望書提出 2019/3/22

自民党PT、時間外労働上限「慎重に設定すべき」 2019/3/20

日本外科学会、「大学病院で特定行為のパッケージ研修を」 2019/3/19

医師の働き方改革、報告書取りまとめへ大詰め 2019/3/15

医師の働き方改革報告書案、「上限1860時間」 2019/3/13

産科医らが署名活動「長時間労働規制を」 2019/3/11

時間外「1920時間以上」、産婦人科医の4人に1人 2019/3/8