m3.com トップ>医療維新>医師調査|女性医師と医...>女性医師の就労支援「特にない」が大幅減◆Vol.6

女性医師の就労支援「特にない」が大幅減◆Vol.6

「育休」が最多、一番の変化は「周囲の理解」

2019年4月9日 岩崎雅子(m3.com編集部)


Q勤務先に、女性医師の就労継続支援を目的とした勤務体系はありますか【複数選択可】。女性医師の就労継続支援を目的とした勤務体系では、全ての回答者を合算して集計すると「育休」の52.8%が最多だった。次いで、「当直免除」(46.1%)、「勤務時間の短縮」(42.8%)が続いた。男女で回答率に差が大きかった項目は「育休」(女性合算61.1%、男性合算44.7%)と、「勤務時間の短縮」(女性合算49.1%、男性合算36.8%)。また、「分からない」と答えた女性はいずれも約1割にとどまったが、40歳以下男...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事