m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>日本初の「山岳医事務所」、大反響でびっくり!

日本初の「山岳医事務所」、大反響でびっくり!

「山で後悔する人を減らし、医師も食えるように」

2019年4月7日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて5回目です。今回は僕のライフワークの一つである山岳医についてです。登山は自然の中の営みですので、雪崩、低酸素、転落、強い日差し、紫外線、落雷、有毒ガスの発生、野生生物の襲撃などが生じるほか、内因性の疾患の悪化等も起こり得ます。その結果として、いわゆる高山病、低体温症、窒息、外傷、熱中症、眼炎、中毒、心筋梗塞等々の疾患が生じ、場合によっては命に関わります。こういったことの予防や治療をするために国際的規格で作られたのが国際山岳医です。そのほかに日本独自の規格の山岳医も合わせ、日本には全部で120...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事