m3.com トップ>医療維新>レポート|NCDで医療...>TAVI症例の全例登録、産官学連携によって実現

TAVI症例の全例登録、産官学連携によって実現

NCD活用で可能に、PMS新時代が到来

2019年4月7日 NCD事務局


2013年、NCDを基盤に国内のTAVI症例が全例登録されるデータベースプロジェクトが立ち上がった。産官学連携の市販後調査(PMS:PostMarketingSurveillance)の先駆けとなる、このTAVIレジストリの取り組みと今後の展開についてお聞きした。プロフィール澤芳樹(さわよしき)大阪大学大学院医学系研究科外科学講座心臓血管外科学教授。1980年大阪大学医学部卒業半田宣弘(はんだのぶひろ)独立行政法人医療品医療機器総合機構医療機器審査部門主任専門員ケイミン・ワングエドワーズライフサ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事