m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|平成の医療史...>1999年以降、医療事故が刑事事件化【平成の医療史30年◆医療事故編】

1999年以降、医療事故が刑事事件化【平成の医療史30年◆医療事故編】

広尾病院事件の最高裁判決、大野病院事件の医師無罪が転機に

2019年5月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


医療事故の平成時代の“元年”と言えるのは、1999年。1月の横浜市立大学の“患者取り違え事故”、2月の都立広尾病院での“消毒薬の誤投与事故”、7月の杏林大学の“割りばし事故”――。相次いで起きた3件の事故は、いずれも刑事事件に発展。医療事故が民事責任だけでなく、刑事責任を問われる時代になり、社会的にも大きな関心を集めるようになった。広尾病院事件では、院長が医師法21条違反に問われたこともあり、その後、警察への医療事故等の届出件数は急増。しかし、福島県立大野病院事件の医師逮捕、そして2008年8月...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

平成の医療史30年に関する記事(一覧

「つながり、共創、イノベーション」がカギ【平成の医療史30年◆医療事故編】 2019/6/15

医療安全、「美味しいスープ」づくりに等しい【平成の医療史30年◆医療事故編】 2019/6/8

「マニュアルによる安全対策」限界、「レジリエンス」の実装を【平成の医療史30年◆医療事故編... 2019/6/4

「成功への王道なし」、自身で道を切り拓け【平成の医療史◆特別編】 2019/5/30

インシデント報告から手探りで学んできた20年【平成の医療史30年◆医療事故編】 2019/5/28

東大医学部の世界ランキング、向上に貢献【平成の医療史◆特別編】 2019/5/27

1999年以降、医療事故が刑事事件化【平成の医療史30年◆医療事故編】 2019/5/26

ビジョン検討会「炎上するなら私が」【平成の医療史◆特別編】 2019/5/24

「保健医療2035」、塩崎元厚労相の一本の電話から【平成の医療史◆特別編】 2019/5/21

Lancet日本特集号を監修、教室発展の契機に【平成の医療史◆特別編】 2019/5/18

東大教授に就任、「大変な選択肢選べ」が後押し【平成の医療史◆特別編】 2019/5/15

WHO事務局長選挙のあおり、不遇の時代も【平成の医療史◆特別編】 2019/5/12

ハーバード大留学、一時は帰国もWHOへ【平成の医療史◆特別編】 2019/5/9

医局所属せずキャリア拓く、恩師との出会い【平成の医療史◆特別編】 2019/5/6

東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジ【平成の医療史◆特別編】 2019/5/3

新興感染症対策の基礎は「日常的な上気道炎」の診療【平成の医療史30年◆新型インフル編】 2019/4/29

「致死率0.4%」の衝撃と水際対策で手にした「2週間」【平成の医療史30年◆新型インフル編... 2019/4/26

新型インフルの初期対応は「大型連休に助けられた」【平成の医療史30年◆新型インフル編】 2019/4/24

「研究人材養成とデータガバナンス」が今後の課題【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/20

IRUD(未診断疾患イニシアチブ)で大きな成果【平成の医療史30年◆特別編】 2019/4/15