m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>IoTとAIを活用し、認知症診断などの医療分野に役立てる―長崎大学大学院工学研究科に聞く◆Vol.2

IoTとAIを活用し、認知症診断などの医療分野に役立てる―長崎大学大学院工学研究科に聞く◆Vol.2

2019年4月24日 m3.com地域版


お年寄りでも簡単に若者とLINEでメッセージのやり取りができるようになるLINE仲介ロボット。動画やテキストによる相互コミュニケーションだけではなく、認知症の診断など医療分野における活用も視野に入れた開発が進められている。IoTとAIの活用・融合に関する研究を行っている長崎大学大学院工学研究科教授の小林透氏に話を伺った。(2019年2月18日のインタビュー、計2回連載の2回目)▼第1回はこちら小林透氏と改良を重ねてきたLINE仲介ロボット。今後は実用化に向けたコスト削減が課題となる――これからど...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

【和歌山】国公立の大学病院で初めてドクターヘリを運用-加藤正哉・和歌山県立医科大学附属病院... 2019/10/15

【広島】広島の救急医療の現状と求められる「チーム医療」‐津村龍・広島大学病院高度救命救急セ... 2019/10/14

【福岡】「ナースカー」「ヘルパーカー」など地域へのサービスを次々展開‐姫野亜紀裕・姫野病院... 2019/10/14

【神奈川】100円相談所開設で知った今の介護の問題点‐中島茂・中島内科クリニック院長に聞く... 2019/10/14

【茨城】精神科リハビリテーションに牛の繁殖飼育を導入-的場政樹・袋田病院長に聞く◆Vol.... 2019/10/14

【山梨】医師会入会費を開業資金に充てた‐内藤いづみ・ふじ内科クリニック院長に聞く◆Vol.... 2019/10/14

【沖縄】本島中部の精神科医療の先駆けとして沖縄返還前に開院-新垣元・新垣病院理事長に聞く◆... 2019/10/14

【愛知】離島での遠隔服薬指導から見えた、これからの地方医療‐宮本忠壽・知多厚生病院名誉院長... 2019/10/14

【宮崎】大学からの内科医全員引き揚げで今も外科医が内科診療をサポート‐坪内斉志・小林市立病... 2019/10/14

【福井】入院診療から在宅ケアまで切れ目のないシステムを作る‐楠川加津子・永平寺町立在宅訪問... 2019/10/14

【大分】「ヒヤリハット小劇場」で医療事故に当事者意識を持つ-安藤万寿美・大分医療センター医... 2019/10/14

【滋賀】共働きの研究者をサポートする研究支援員を配置‐尾松万里子・滋賀医科大学学長補佐に聞... 2019/10/14

【岡山】会報の人気企画は「他科の先生に知って欲しい豆知識」‐藤本政明・岡山県医師会常任理事... 2019/10/14

【奈良】緩和ケアはホスピスだけでは完結せず、一般病棟でも必要‐中村契・国保中央病院緩和ケア... 2019/10/14

【埼玉】在宅緩和ケアは「慣れれば誰でもできる」が、早期連携と相談窓口が必要‐廣澤信作・埼玉... 2019/10/14

【京都】認知症の医療・介護・ケアの地域連携を目指す「新・京都式オレンジプラン」‐西村幸秀・... 2019/10/14

【千葉】病院内という臨床現場で医工連携により医療機器を開発したい‐林秀樹・千葉大学医学部附... 2019/10/14

【京都】山脇東洋が解剖体の霊を慰めた京・誓願寺。今も伝わる東洋が罪人に送った言葉とは◆Vo... 2019/10/14

【北海道】“女医”という概念にとらわれず、男女共に働きやすい医療現場を目指して-新谷朋子・... 2019/10/14

【静岡】医師の長時間残業削減中。さらなる職場改善、業務分担を進めたい-柏木秀幸・富士市立中... 2019/10/14