m3.com トップ>医療維新>オピニオン|山田瑛文の「...>研修病院選びは医学生の“ドラフト会議”

研修病院選びは医学生の“ドラフト会議”

「効用の最大化」で優先順位付して選択を

2019年4月14日 山田瑛文(順天堂大学医学部医学科6年生)


ついに春休みも終わり、最高学年の6年生。いよいよ今年は卒試にマッチング、国試と勉強の毎日が続きます。私も入学以降続けてきた株式会社エルカルテットでの仕事も3月の展示会で一区切りを付けて、いよいよ勉強に集中できる環境を作りました。学生生活においてもポリクリもあと1カ月で終わり、クリニカルクラークシップの時期に入ります。私はクリニカルクラークシップでは東京で生活しているとなかなか見ることができない、地方の病院の医療を学びに行く予定です。私の大学ではクリニカルクラークシップの実習先は自由に選択すること...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事