m3.com トップ>医療維新>レポート|女性医師と医...>東大入学式祝辞、上野名誉教授が東京医大不正入試に言及

東大入学式祝辞、上野名誉教授が東京医大不正入試に言及

「女子学生の置かれている現実」とフェミニズムを語る

2019年4月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


東京大学の4月12日の2019年度入学式で、同大名誉教授で、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長の上野千鶴子氏は祝辞を述べ、「女子学生の置かれている現実」として東京医科大学の不正入試を取り上げ、「選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょう」と語った。文部科学省の調査に基づき、全国81の医科大・医学部の女子学生の合格率に対する男子学生の合格率は平均1.2倍、東大理科3類(医学部医学科)は1.03、平均よりは低いもの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事