m3.com トップ>医療維新>インタビュー|医師の働き方...>「年1860時間」はギリギリの妥協点 - 山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.1

「年1860時間」はギリギリの妥協点 - 山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.1

一人一人の医師にスポットライトが当たった初の改革

2019年4月21日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)、水谷悠(m3.com編集部)


「一人一人の医師にスポットライトが当たった、初めての医療体制改革が、今回の医師の働き方改革」――。こう語るのは、厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」に、大学病院の立場から出席した千葉大学医学部附属病院院長の山本修一氏。3月の検討会報告書をどう受け止め、大学病院にどんな影響が及ぶと考えているのか。国立大学病院長会議常置委員長も務める山本氏にお聞きした(2019年4月9日にインタビュー。計4回の連載)。――検討会の報告書は、3月末にまとまりました。まず先生ご自身の全般的な受け止めをお伺いで...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

医療界と社会、双方の働き方改革が必須-迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.2 2019/5/25

時間外「960時間超」6.8%、「1860時間超」0.1%、全自病調査 2019/5/23

1860時間は例外、基本は960時間以内-迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.1 2019/5/22

1860時間は長いが、方向性は示した―森本正宏・自治労総合労働局長に聞く 2019/5/14

各科教授にはマネジメント改革を要請-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.4 2019/5/13

働き方改革、カギは医師自身の意識改革-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.3 2019/5/7

大学勤務医「研究の扱い」、今後の焦点-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.2 2019/4/30

「黒船来襲」働き方改革は待ったなし 2019/4/23

日本外科学会・馬場氏「外科医の業務総量減らす必要」 2019/4/22

「外科医こそ率先して働き方改革を」、迫井厚労省審議官 2019/4/22

「年1860時間」はギリギリの妥協点-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.1 2019/4/21

働き方改革「皆が対等に協議する場が重要」、日医・今村副会長 2019/4/4

医師の働き方報告書取りまとめ、「改革」スタートへ 2019/3/28

医師の働き方改革案「やむを得ない」、四病協 2019/3/28

医師の時間外「1860時間」に反対、厚労省に要望書提出 2019/3/22

自民党PT、時間外労働上限「慎重に設定すべき」 2019/3/20

日本外科学会、「大学病院で特定行為のパッケージ研修を」 2019/3/19

医師の働き方改革、報告書取りまとめへ大詰め 2019/3/15

医師の働き方改革報告書案、「上限1860時間」 2019/3/13

産科医らが署名活動「長時間労働規制を」 2019/3/11